GNO3

逆境無頼日記 inGNO3

 
 

結局、連キャラもジキャラも逆境無頼となりました。
不肖なりに反省はしていて、チームメンバーとキチンと話をしてから、辞める続けるを決めるべきだったと思っています。
このあたりはリアルに抱えている、私という人間の問題点でもありますがw
たとえ二度と戻ることはなくとも、「じゃぁ逝ってきます」と挨拶していれば、このモヤモヤな気分は晴れていたのにね。
まぁ、大人の選択ではなかったなw

さて最近、SDGOのβテストが面白くて、GNO3を継続しようか迷っているのですが、MSやMAがぬるぬると動くのを眺めているのも、それはそれで楽しいんです。

なのでひとまず、連もジも、最近覚えた長期任務で放置プレイ中。

野戦ばかりじゃMPや戦功は増えませんが、長期任務を入れると、PCにかじりついて特務を入れなくとも、MPがそこそこ入り、戦功もけっこう増えます。
私のようなメンドクサガリでヒッキーなソロプレイヤーは、最初から活動エリアを地上/宇宙のいずれかに限定し、少コストでMSを調達しながらレベルを上げ、Lv13あたりからAランク以上の長期任務を入れるような感じでいいのかも。
これもC.A.T.に混ぜてもらったお陰で気づいたことだったんですけどね…

トップランカーの人から長期任務の効率はさほどよくないと伺っていましたが、もはや特務を回す気力もない今の私にできるのは、こんなことくらいです。

2010年6月5日8時現在、
VP1176位、MP440位、総合942位の連邦少尉は地上任務を展開し、大規模は見送り。
VP958位、MP376位、総合805位のジ中尉は搭載値イッパイまで積み込んで大規模へ。

脱落者の妄想 inノア連

 
 
第2クールからのやり直し、しかも出遅れた時点で、覚悟すべきだったのかもしれません。
 
・チームランキングでトップランクを狙うチームだと、そこにいるだけで迷惑です。
・高レベルな任務を一緒にやろうとすると、メンバーにリスクを背負わせます。
・VP、MPのポイントをいかに稼ぐかという話には、ついていけません。
・大規模任務ではチームメンバーが低レベル部隊と一緒になったと愚痴をこぼしますが、
 よく考えてみると、愚痴の対象と自分は同じレベルだったりします。
 
GNO3は、ひとりプレイヤーに厳しく、新人に冷たいゲームシステムです。
そのニオイがなんとなくわかっていたので、多少の苦労は覚悟の上で、すでに迷惑をかけつつあったチームをやめ、部隊を削除して、合流したときには配備だけでも役に立つ部隊を育てようと心に決めたのですが、その思いも空振りでした。
 
結局、頑張ろうという気持ちが実を結ぶことはなく燃え尽き感100%。
さらに、立ち上げたノア連部隊はメンバーに気を遣わせるばかりのお荷物に。
高いUSBメモリを二つも買ってしまったことを思い、さらにブルーな気持ちに。 
 
さて、この先どうするか。
潔く解約して、この場を去るか…
結局、不遇を理由にして辞める自分が一番カッコわるく思えたので、
ムシケラなりの意地を見せることにしました。
 
ということでオアシスフォースを結成。
来る者は拒まず、去る者は追わず、むしろ俺の屍を超えていけ。
そんな気持ちで、リ・スタートです。
 

逆境無頼日記inノアジ (3)

前略 隊長殿。
5月29日 日本標準時18時35分現在
小生は、VP、MPともに593位、総合762位と不甲斐ない戦いの中にあります。

ゾックの次はグフ・カスタムを開発し、しばらくは俺TUEEEEとなるか(in後方)とゾックゾクのグッフグフであったわけですが、
少尉という搭載格差に阻まれ、フォーメーションの組み立てで苦労することに。
さらに、お試しに入れた「射撃強化」が仇となって、部隊長は近接でもガトリング砲しか撃たないオッペケぶり。しかもガトリング砲当たらないしw

後方からの射撃にはめっぽう弱いし、「射撃強化」はあまり効果なさそう。
そこであるスキルに入れ換えてみたら、敵の長距離射撃に対して効果てきめんでした。
「射撃強化」「格闘強化」は後回し確定ですw

大規模任務を想定すると、硬くて破壊力があって俊敏なグフカスは壁役確定なのですが、あとの編成に悩みました。攻撃シフトや速攻シフトにすると、2列目がどうしても敵NPCに狙われやすく穴になってしまうのです。

今後、ビット使いや宇宙騎士を開発することも考え、なるべく節約しようという考えの下に、2列目は幸運でゲットした重戦車、そして3列目は距離4の攻撃ができないゾック、4列目は速くて痛い紫のアイツをマーケットから調達しました。

このセッティング、案外うまくいったようです。
今夜の大規模任務ランキングは果たして。

逆境無頼日記inノアジ(1)

 
 

拝啓隊長殿、
挨拶もせずチームを去った無礼をお許しください。

小生はチームを脱退したあと、部隊も解散し、身寄りの無いジオンで1から出直すことにしたのであります。

第1クールから戦線に参加した者に与えられる名誉(階級、戦功)や経験(フォーメーション、改造パーツ)そして絆(チーム、パイロット)をすべて失うことは覚悟の上でした。
しかしながら、明らかなハンディを背負ってスタートする新入り達と同じ境遇で、誰も頼りにすることなく、自分ひとりの器量でどこまでやれるかを試してみたかったのであります。

最初のうちはチームへ誘ってくれる連中もいましたが、「チームに入んなきゃ特務もマトモも回せねぇのかよ、ケッ」と吐き捨てたあとは、もう誰ひとり寄り付くものは無く、私はまさに逆境無頼のヘタレ少尉としてゼロからのスタートを切ったのであります。

最初はVP専門で逝こうかとも考えたのですが、VPだけでは戦功が上がらず、万年少尉のままで、制限機を操ることもままなりません。
仕方なく特務、せっかくなのだから鹵獲機体狙いで、生産施設や輸送部隊の襲撃を中心にまた飽きもせず毎日10分どころじゃ済まない日々を繰り返すことになったのであります。

先のことを考えると出足で散財するわけにもいかず、ザクIとザクII-Fで耐え忍んで降りましたが、ある日運よく重量級を鹵獲することができました。
数万Pの高値で欲しがる連中のトレチャをニヤニヤ眺めながら、部隊に投入しておりますが、まさに宝の持ち腐れ、まともなフォーメーションを設定することもできずに、最後方でNPC相手にチキンな戦闘を重ねております。

千に一の可能性ではありますが、大規模任務の選抜戦では隊長のチームメンバーと対戦することもあるでしょう。第1クールでのエピソードを覚えていてくださるのなら、部隊名やエンブレムで、私を見つけるのは容易いことだと思います。
そのときには、あいかわらずの負けっぷりを酒のツマミにでもしていただければ幸いであります。

これまでの戦果は以下の通りであります。
5月15日日本標準時20時現在
VP594位、MP355位、総合485位

不肖 ゴウ・カスミ

GNO3第1クールを終えて

 
 
ほぼ2ヶ月ぶりの記事更新となります。
ちょうど初回の大規模任務を終えて、カルシファーさんのチームに加入したところから、第1クールの最終回の大規模任務を終えたところまでの節目となります。
そこで、GNO3についての所感を書くことにしました。
 
UCGOのような自虐的生産や自虐的スキル上げはないにせよ、トップランカーになるためには1日10分などという遊び方では生温く、私のように少なくとも8時間は仕事のためにGNO3ができないという会社員の皆様にとっては、レベル上げの効率、上位チームに与えられる褒賞などで全く不利な状況にあります。
 
それでも、帰宅後の数時間、家事の手伝いや子供の面倒を見ながら、敵PCに勝てる部隊になりたい、チームの一員として褒賞獲得に貢献したい、できたら大規模任務の最終戦で目立ちたいと、熱意を持ってプレイしてきました。

にもかかわらず、最終回の大規模任務では選抜戦で2勝1敗、負け戦でも他の部隊が次々に駆逐されていく中で最後の1機になるまで踏ん張っても、結果は下位10%内にランク付けされるという、「お前には向いてないよ」的な判定。
 
少なくとも3部隊いなければチーム任務の枠を埋められないという責任感が私の背中を押していましたが、UCGO出身の方々がチームに加わって好成績をおさめられていることもあり、第1クールを終えて、無責任で勝手ではありますが、チーム脱退、部隊解散という判断をしました。
 
とりあえずサーバーはそのままで部隊を立ち上げて訓練の調整と隊員の調達を行い、メンテ後のリスタートに備えています。
 
次回からはGNO3へっぽこ部隊、逆境無頼○○ジの日記、連載の予定?
 

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ